2016.3.27

タバコによる黄ばみと禁煙方法をご紹介

歯に黄ばみができる原因としてタバコが挙げられますが、タバコに含まれるタールはネバネバした物質ですので歯を黄ばませてしまう原因になるのです。多くの喫煙者は毎日のようにタバコを吸いますので、ブラッシングを行っても綺麗にならず、黄ばみのある歯が目立つようになってしまいます。
タバコが原因による黄ばみはホワイトニング治療で綺麗にすることもできますが、しかし喫煙をしている限りずっと治療をし続けないと白さを維持することはできません。ですから根本的に禁煙をするのが綺麗な歯を取り戻す為の最も有効な手段と言えるでしょう。
しかし禁煙の成功率はあまり高くなく、失敗に終わってしまうケースが多いのです。ただ禁煙のやり方に工夫をすれば成功率をもっと高くすることもできます。
そして成功する禁煙方法としてよく紹介されるやり方がありますが、まずニコチンガムを利用する方法です。禁煙が難しいのは離脱症状が起こることが理由の1つとされていますが、ニコチンガムで離脱症状を防止することができます。その為、比較的楽にタバコを止められるようになりますし、またガムで気持ちも紛らわせることができるのです。
ニコチンパッチもよく紹介されることがあります。パッチタイプは貼っておくだけで効き目がある為、ガム以上に簡単に利用できるのが特徴です。ガムですと噛む必要がありますのでシチュエーションによっては使い難かったりしますが、そのようなこともなくいつでも使用できます。
有用な禁煙方法として飲み薬が紹介されることもありますが、飲み薬はガムやパッチ以上に成功率が高いとされており、効果としては離脱症状の軽減や喫煙時の味の変化です。2つの働きで禁煙をサポートし、飲むだけで良いので手軽に利用できます。